俺には昔から「人生は楽しまなければいけない」という強迫観念の様なものがあった。

でも最近その強迫観念から解放されつつある。


人生なんてそもそもツマラナイものなんだ。

誰一人として例外はない。

だからこそ皆、必死に楽しもうとするんだよな。


例えばパリピとかリア充とか呼ばれる人達も「頑張って」楽しんでいるだけだ。

俺も若い頃、それなりに遊んでいたから分かる。

あの頃はとにかく予定を入れて頑張って楽しんでた。

楽しまなければいけないと思い込んでいた。

でも今思い出しても楽しかった記憶などない。

楽しいと思い込んでいただけだ。


そもそもこの世は「人生楽しまなければいけない」という風潮がある。

否、呪縛と言ってもよい。

だから皆、必死に人生を楽しもうとしている。

だけど必死に楽しもうとしている姿が、俺には苦しんでいる様にみえるんだよな。


別にそういう生き方を否定しないし誰でもそんな時期はあるのだろう。

ただある程度の年齢になったら、そろそろ認めなければいけない。

人生なんて基本ツマラナイものなのだ、という事を。

そしてそれを認める事で俺は少しラクになった。

そう、頑張って楽しむ必要などないのだ。


こんな記事を書いてると、俺がネガティブだとか鬱だとか思われるかも知れない。

別にどう思われても良いのだが、俺はすこぶる元気なんだよな(笑)


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ
にほんブログ村

ドライバーランキング